鉄棒で逆上がりができなくても困らないけれど

うちの子は結局小学生の間に鉄棒の逆上がりができるようになれませんでした。
そりゃあそうです、練習全くしませんでしたから。
嫌なことはとことんやらない、それがうちの子。
そんな我が子ですが、中学生になったらもう鉄棒なんて全くなくなったので、逆上がりができなくても困ることはありませんでした。
なので、小学生のときに逆上がりができないからって、あまり子供に練習を強要しなくてもいいと思います。
もちろんサボリはいけませんけどね。
運動神経が極度にない子とか、身体的、精神的理由でどうしても特定の運動ができないという子はいるのです。
縄跳びもそうですね。必死に練習してもどうしても飛べない子がいます。
どうせ中学以降はやらないですから、担任の先生に相談の上で、なんとかやり過ごせればいいんじゃないでしょうか。
ただ、そういう特別な理由がなければ、やっぱりできるようになったほうが子供の成長にはいいんですけどね。
できなかったことが、練習した結果できるようになった達成感。親御さんたちも覚えがあると思います。
そういう経験を積むことは、鉄棒や縄跳び自体は大人になってやらなくなったとしても、仕事だの他のことで活かせると思うのです。http://www.abateofutah.org/