毎日少しずつの大切さがようやくわかってきた

毎日のこつこつとした積み重ねが大切だというのは、大人になるにつれて身に染みてわかってきたりするものですよね。
それこそ、子どもの頃だとか若い頃というのは、積み重ねるための時間もたくさんあるように思えたし、ある日、突然才能が開花するなんて思っていたのかもしれません。
親とか学校の先生にそんなことを言われても、あまりピンときていなかったのではないでしょうか。
でも、大人になると、「もっと早いうちから取り組んでいけばよかった」とか、「なんでダラダラと時間を過ごしてしまったのだろう」と後悔することが増えます。
後悔しても、その時点で何かが変わるということはないのだが、とにかくそう思ってしまうものなのです。
だからこそ、毎日なんとなく過ごしてしまうことを、とてももったいないことのように感じたりします。
ボーっとする時間があったら、部屋の中のいらないものを片付けたりだとか、筋トレやストレッチをするだとか…。
最近はそういうことばかり考えてしまっています。
でも、そういう毎日のちょっとしたことを積み重ねていくことが、いまからでも大きな成果を生むことになるかもしれません。