昔なつかし「たかたかこおりおに」(解るかな?)

 ちょっと前にテレビでやってた『中居正広のミになる図書館』で、大変懐かしい思いをしていました。
 それで見終わった後の余韻で、親と、子供の頃の遊びの話になったのですが。
 何故か親世代と殆ど同じ遊びを小学校の頃にやっていたという。
 竹馬とか(流石にスチール製ですが)フラフープとかクラスにあったし。
 路上遊びとか基本でしたよ。
 ロウ石じゃなくて、教室から盗んだ(内緒ですよ(笑))チョークで地面いっぱいに絵を描いたり、家の間取り描いて、それでお飯事をやったり!
 カラーチョークがすごくカリスマ性を持っててね。
 わざわざホームセンターに行って買って来た思い出があります。紫とかあるんですよ。
 あとは、必殺(?)「たかたかこおりおに!!」(笑)
 解るかな? 若しかしてこれ閲覧してる人って、この単語に「?」ってなっちゃう子ばっか…?
 や、鬼ごっこの事なんですけどね。
 “たかたか→高い場所”。鬼は地面より高い場所に侵入出来ない。
 “こおり→凍る”。要するに、鬼にタッチされて動けない状態。仲間の助けを待つしかない。
 地域ルール・学校ルールは微細あれど、おおまかにはこんな感じ。
 高い所に逃げるが勝ちが必勝ルールの鬼ごっこです。キレイモ カウンセリング 流れ

有吉のように私もちゃんと稼げる時に貯金をしておくべきでした

日本のテレビには欠かせない存在になってしまった男、有吉弘行。
猿岩石の時に凄い人気がありましたが、その後テレビで目にすることもなくなりました。
だからまさかあの有吉がまたこんなに大ブレイクをした時は本当に驚きましたもの。
猿岩石では有吉派だったのでこうして彼がまた活躍しているのを見ていると嬉しいです。
所で今は人気で稼ぎまくってる彼ですが、猿岩石でブレイクしたものの自分が衰退することが予測出来ていたそうです。
だから仕事もなくなることを覚悟していたので猿岩石で稼いだお金は賢く貯金をしていたらしいですよ。
大きな仕事な どもなかったけど貯金を切り崩して生活することが出来ていたお陰で生活には凄く困っていたわけではないそうです。
私も彼のように賢く貯金をしておくべきだったと後悔中です。
今まさに私が仕事がなくてどうやって生活していこうと悩んでいる所なのです。
働ける時に沢山貯金しておくことは大事ですね。
今から遅いかも知れませんが貯金を頑張ります。