おすすめの漫画「宝石の国」(市川春子)について

主人公のフォスフォフィライトは、仲間の宝石たちと共に先生を守り、武器を使って襲撃にくる月人と戦います。月人に負けると月に連れ去られ、粉々に砕かれてしまいます。歩宝石たちは、戦闘、武器や服、紙の作成、医療などそれぞれ役割を持っていますが、フォスフォフィライトは得意なことがなく、鬱屈とした時間をすごしていました。その中、毒をまき散らしてしまい、仲間を傷つけるで夜の見回りを仕事にする孤独なシンシャに、「君にしかできない仕事を見つける」と約束をします。月人と戦い、先生を守るという長い間、変化のないその世界観に疑問を持ったフォスは、海の生物、仲間たち、月人の協力を得て、力をつけてゆき、この世界の疑問を解き明かそうと奔走していく姿が見どころです。話が進んでいくと、先生は人間の魂を成仏させる機械であること、かつて人間という生物が存在して、それぞれ骨・肉・魂に分化していいったことなどが分かっていき、物語の核心に進んでいくところが予想がつかず面白いです。脱毛ラボ 都度払い